Ma.K. S.A.F.S 1/20【WAVE】

投稿日: カテゴリー: Hobby, Maschinen Krieger

とりあえず、マシーネンで入手しやすい1/20モデルを作ってみた。Ma.k.処女作。
完成写真は最下部です。

製作プロセスは、カスタム無しで合わせ目をタミヤパテ。
塗装プロセスは、タミヤ缶サフを吹いてタミヤ缶スプ・オリーブドラブで基本塗装。
タミヤアクリル・ライトグレーで全体に筆塗装と、同じくアクリルで細部塗装。
油彩でフィルタリングとウエザリング…流れで墨入れ。

これ、成形色が黒だったのでチッピングは実際にヤスリで削って地色出してやった。
剥がし塗装もやってみたかったけど、その為にシリコンバリア買うのも…
リアルに剥がしのが楽だし、やり過ぎないので(削るのに気が引けるため)個人的にはとても良い感じ。
であれば、サフはグレーより錆止めの赤の方がよかったかもね。
次回は、ちゃんと考えてからサフの色き〜めよっ。

箱絵のような迷彩塗装をしよか、と試みるも失敗。
失敗する前に、プロセス上の出来に納得できず単色に塗り直して仕上げに向かってしまっているのだが…

今思えば、そのまま迷彩で進めてもウエザリングする過程で馴染んで良い感じになったかも…とも思える。
恐らく、経験がモノを言うのだ。
ビビらずにいけば良かった。反省。

まだまだディテールを詰め切れいていないが、他も作ってみたくなったので一端セーブ。
フィギュアの塗装が難易度高めではまりそう。
パイロットの顔に関しては、今回は、「初瞳塗り」と言うこともあり「ドボン」を繰り返しモールドが甘くなってしまった。一応、なんとか観られる状態までリカバリーできた…つもり。ビギナーなので仕方ない…と自分に言い聞かせる。

眼球には、アクリルクリアを入れてあって艶があるから、場所によってはアイキャッチが入る。
写真で見るとイイ感じなのだが、実物はというと…結構アマアマ。

写真見てて、今ようやく気がついた。眉毛ないやん。
なんか怖いな〜と感じていたのはこれか?
眉毛は眉毛で難しいな〜

ただ、瞳塗りが楽しすぎるのでハセガワのフィギュアセットを購入して作ってみようと思う。
あと、これも写真見てて感じた事。
一枚目の写真のように、ちょい見上げ気味だと、腰回りがいかにも作り物っぽくほっそりしちゃうのね。ちょっと残念な感じだから、これからこの角度の撮影はNGなんかもな。

Maschinen Krieger S.A.F.S  WAVE : 1/20

余談ですが…

結局、パイロットの顔描くときには素人には何かしらの指針が無いと難しい。勿論、極細面相を駆使する技術が必要だけれども、そもそも瞳のサイズや色味、唇のバランスや、眉毛の位置、などなど…
筆塗りに関する技術は無くとも、イメージ作りの技術は持ち合わせているので、今後は指針作りもセットで取り組んでみようかと思う訳です。