Gotchanen ガチャーネンによる塗装練習

投稿日: カテゴリー: Hobby, Maschinen Krieger

海洋堂のガチャ版1/35スケールのマシーネンを塗装してみた。
「SNAKE EYE SAFS Space type 2」

宇宙仕様ってことなので、白ベースのキレイめ塗装が基本だと思うが、WaveのS.A.F.S(1/20)の制作をするために、陸戦仕様をイメージした塗装の練習をしてみた。

サフ吹いて、ダークイエロー(タミヤ缶スプ)で基本塗装。
その後、タミヤ水性アクリル+専用溶剤で筆塗り。
全体をなじませるために、ザザッと油彩で墨入れしつつウエザリング。

カスタムはしていないが、パテで肉抜き部分を埋めて、一部に溶接痕を大げさに表現。
ボディーに溶きパテで鋳造表現。
それ位。

アンテナがポキポキ折れるのと、手の平がポロポロ取れるので、外して塗装していたので塗りおえていない。
が、まあ…大凡イメージしていた様には塗れた。
小さいとチッピングが大げさになりすぎてしまい、いまいちだったのでほとんど隠してしまった。

あ、デカール貼る位置…間違えてるかも。
久々の水転写デカールが超楽しかった。仕上がりも綺麗。
頭の「K」はもう少し汚すべきだな。

ラッカースプレー以外の作業は、大半が初めてであったが、そこそこの出来として良いんでないでしょうか。
画像で確認すると、明らかにやり過ぎ感があるが…
小さいと加減が解らん。このサイズなら、きっと、缶スプ全塗装でサラッと墨入れ…位でちょうど良いのではないか。もう一機作ってみるか…

ただ、学生時代に、ジェッソでマチエール作ってリキテックスでイラスト描いていたような感覚で作業できたわ。楽しかった。

S.A.F.S(1/20)の仮組みが終了したので、合わせ目消しが終わったら部分造作。
塗装が楽しみ。

Gotchanen / SNAKE EYE SAFS Space type 2