Taranis 入力の反転

投稿日: カテゴリー: Hobby, Taranis, Whoop

Taranis QX7にIRX4を装着し、パーツ寄せ集めのTinyWhoop機(e010基盤)を飛ばしてみた。

ところが…
エレベーターを入れると入力とは「逆の動き」をするやんけ。
おっかし〜な〜BWhoopでは正しく作動してんのにな〜。
今となってはデフォルトのe010やH36が手元にないため、無改造なら正しく作動するのか調べる事ができない。
以前にDeviationにおけるe010の設定を調べている時に「AileronとRudderをMixerで反転しないと正しく飛ばない」という事例を思い出し、とりあえず、エレベーター反転してみるか〜となった。

と言うことで、Taranis側で入力を反転出来ないか調べてみたところ、かの有名な「OpenTX大学」にこんな講義項目があった。

右側に向かう矢印は、通常のサーボ移動方向を反転させるフィールドです。
このフィールドでは、矢印が通常(矢印右)から反転(矢印が左)に切り替えることができます。
反転の方法にはこの他に、入力やミキサーの画面でサーボに対し負の重みを入力することで反転させる方法がありますが、トリムが関連するコントロールスティックとは逆の動作をする可能性があるため、混乱をまねく原因の1つになります。

そのため、「SERVOS」でサーボ移動方向を逆にするこの方法を強くお勧めします。
http://open-txu.org/home/undergraduate-courses/basic-airplane-set-up-with-taranis-2/servos-713/

とあった。モチ英語を独自翻訳なので「あんた、翻訳違ってるよ!」て事なら…そもそも間違いではあるが、この方法が一番手っ取り早そうなので、この方法を試してみる。
ちなみに、今後Taranis QX7ネタ(操作方を忘れないためのメモ)が増える予感なので、QX7のディスプレイを模倣したAIデータを作ってみた。
(決して暇な人間ではないよ…)

結果は…

「OpenTX大学」の情報、若干古いやん。OpenTX2.1かな?

Model Setupのページを進めても『SERVOS』なんて項目…出てこない。
現時点でインストロールされているOpenTXのバージョン(2.2)のためか、それともサーボと言うくらいだからモデルの対象が飛行機なら『SERVOS』という表記になるのか…詳細は不明だが7ページ目の項目は『OUTPUT』。
でもって、矢印までカーソルが行かずチャンネル名でEnterして「Edit」で反転できます。

AETRなので、エレベーターはCH2。こいつを反転してみたら見事に正しく飛びました。
まあ、当たり前と言えば当たり前か。