WordPressサイトをローカル環境で開発

投稿日: カテゴリー: Wordpress, 忘備録

提案用サイトやテーマの機能・拡張性を確認するために、いちいちWordpressサイトをテスト的に立ち上げるのは非常にいかんともしがたい。なので、最低限テーマの機能や拡張性を確認する程度ならローカルで行うための方法を備忘録。

  用意するものは…
MAMP

これは、自分のパソコンにMySQL、Apache、PHPを簡単に構成できるソフト。
https://www.mamp.info/en/ でインストールできる。
インストールしたら「PRO」ではなく「MAMP」を起動する。ダイアログの「サーバ起動」をクリックして疑似サーバをスタートさせる。「Open WEBStart Page」をクリックして設定を開始する。
まず、PHPのバージョンは確認しておく。そして、ツールの「phpMyAdmin」でMySQL、Apache、phpMyAdminそれぞれのバージョンを確認。
詳しい設定に関してはこちらのサイトに詳しく紹介してくれているので参考にすると良い。有り難い。

WordPress

MAMPにインストールス為にオフィシャルからダウンロードしたての生のWordpress。
日本語版サイトからダウンロードしておく。

  準備が終わったら

実際にデータベースを設定し、所定のディレクトリにWordpressを設置する。
こちらのサイトで丁寧に紹介されているので、参考にする。
今回は、【wp01】というディレクトリを作成してその中にWordpressのダウンロードした書類を全て格納した。
なので、セットアッププログラムまでのパスは…

http://localhost/wp01/wp-admin/setup-config.php

となる。で、このURLにブラウザでアクセスしてWordpressをインストールしていく。
Wordpressのインストールはセットアップにアクセスしてしまえば難しい事はない。
データベース名(MAMPでデータベースを作成時につけた名称)、そしてMySQL名とMySQLパスワードを「root」にしておけば、とりあえずインストールすることが出来る。

  Wordpressの設置が終わったら

とりあえず、まずはじめにやっておいた方がよいのは…

ウィジェット設定
私のような初心者は、後で同じようなプラグインを幾つも入れがち。
とりあえず「Jetpack」のような色々とパッケージングされたものを最初にインストールすると良いかもしれない。
ただし、「Jetpack」はローカル環境下だとつけない、という感じ。
メーニュー設定
これもまずやっとけ〜なもの。グローバルメニューの雰囲気がわかるし。
トップページの設定
どう作るかがキモ。プラグイン「Page Builder by SiteOrigin」などがあれば、以外と作りやすいかもしれない。
パーマリンクの設定
カスタム構造を指定し空欄部に「/%postname%」を記述。
あとは投稿ごとに「投稿の編集」でパーマリンクを指定する。
h1タグのカスタマイズ
プラグインの導入

辺りだろうか。カスタムをするのであれば勿論「子テーマ」の設置は忘れずに。
Wordpressって、テーマのデモサイトみて「お、いいじゃん」ってなってインストールするけど、実際立ち上げてみると真っ白のピュアすぎる状態に「え?ここからどうするの…」ってなる。特に私のような初心者には。
色々と、模索して覚えていかねば…

  で、ローカルに出来たのどうすんの?

開発後にサーバに開発データを移植するには…は、まだ経験がないのでこれから試していきたい。
とりあえずXserverを学習用に契約しようかと構想中。
Xserver環境下での移植方法もこちらのサイトに詳しく紹介されいてる。