モリサワ TypeSquareを試してみる

投稿日: カテゴリー: Wordpress

業務の基軸はDTP。なので当然MORISAWA Passportを利用させていただいている。
だったら「TypeSquare」を試さない理由は何もない。
と言うことで、こちらのサイトを参考に当サイトを登録してみた。

参考サイト:TypeSquare blog

TypeSquareの登録は、フォントパスポートを活用してれば非常に簡単である。
登録した後は、参考サイトを見ながらheader.php内の</head>の直前に提供されるソースを追加記述するだけ。
要はコピペのみ。

あとはTypeSquareのサイトに本サイトのURLを登録。
登録できるURLは幾つでも可能らしい。
しかし、ビューの数で表示に制約が出てくる。
詳しくはTypeSquareのサイトを参考にすること。

設定をしてしまえば、使いたいCSSにFontFamilyを記述するだけ。
こちらから書体を選んで、そこに掲載のあるFontFamilyをコピペ。
例えばリュウミンレギュラーなら【font-family: リュウミン R-KL】をCSSの要素に追加する。
凄く簡単ね。

  フォントを指定してみた結果はこちら!
モリサワ 指定:シネマレター
モリサワ 指定:トーキング
モリサワ 指定:すずむし
モリサワ 指定:秀英横太明朝 M

すべてフォントサイズは20px指定。カタカナであろうが漢字であろうが、全角値は同じようなのでぴっちり揃ってくる。
まあ、MacintoshのSafariで閲覧しているのでWinの場合はどうだか確認はしていないけれど…

この整列感はDTPの組み版を基軸としている者には何だかありがたい感じ。