流石に…子テーマは必要!

投稿日: カテゴリー: Wordpress

子テーマを設置せずにちょこちょこいじっていたけど…

テーマのアップデートお知らせが!
テーマをアップデートしたいけど、このままアップデートすると今までカスタムしたソースが全てリセットされる。
こんな時のために「子テーマ」があるのだが、ちょっとだけの事なのに面倒くさくて…

しかし、この際なので子テーマを設置してみた。
ビギナーには一手間に感じるけれども実際は簡単なので本来はカスタム前にすべき事である。

参考にしたサイト:寝ログ

  基本的にすべきことは簡単!

単純に子テーマとなるフォルダーを用意して「function.php」「Style.css」の二つを格納してサーバにアップする。
あとは、Wordpressの外観「テーマ」で格納した子テーマを有効化するだけ。
いたって簡単。
では具体的に…

今回はSydney Proの子テーマを作った。
なので、子テーマのフォルダ名は「sydney-pro-ii-child」とした。
因みに、親テーマとなるSydney Proのフォルダ名は「sydney-pro-ii」。

次にテキストエディターで

と記述し保存。書類の名称は「Style.css」にする。この名称であることは絶対条件なので注意。
記述した内容として重要なのは、「Template: ○○○」の部分。
これは、親テーマとして参照すべきデレクトリを記述しなければならない。
要するに親テーマが格納されたフォルダ名ね。

さらに、テキストエディターで新規ドキュメントを作り次のように記述

そして、「function.php」という名称で保存。この名称も絶対条件。
これは「CSSで指定したテンプレートを継承しますよ〜」という関数。

基本的にこの二つの書類「function.php」「Style.css」を先に子テーマ用に作ったフォルダに格納して、サーバ内のWordpressテーマ格納デレクトリ…要するに親テーマのあるデレクトリと同階層にアップしてあげれば、ダッシュボードの外観「テーマ」で選択が出来るようになる。
あとは、有効化してあげるだけ。

今回の場合では、「single.php」と「archive.php」もカスタムしてしまったので、親テーマからコピーしてきて子テーマにも入れてやった。
関係性については、参考にさせていただいた【寝ログ】を熟読してもらえれば、よ〜くわかると思います。

因みに、CSSに関しては「Custom CSS」というプラグインをインストールし、そちらに記述をしているので、テーマにアップデートがあってもリセットされることはありまへん。
今回のSydneyのアップデートの内容としてはCSSのマイナーアップデートだったので、焦って子テーマ設置しなくても問題なかったかも…