WP Theme「Sydney」について Vol.01

投稿日: カテゴリー: Wordpress, WP Theme

使用中のWPテーマについて備忘録を残そうと思う。

このサイトは、この記事を掲載した時点ではATHEMEsがリリースしている「Sydney」(DEMO)というデザインテーマを使用している。

クライアントのビジネスサイトを立ち上げる案件で、コスト面やその他を考慮して自社スタッフが開発運営ができるよう後学のために立ち上げた。
普段は、コーディングなどは外部の協力業者に委託しているが「そろそろ本格的にWordpress位は…」という状況でもあって…

で、「Sydney」をテスト的にカスタムしている。使用感はまずまず。というか、ホントに簡単なビジネスサイトなら十分すぎる機能が含まれている。

まず最初にトップページを固定ページで一つ立ち上げる。
「Sydney」では、プラグイン『Page Builder by SiteOrigin』(使い方はこちらで紹介されている)を使うことで、テンプレートオリジナルのウィジェットを並べることで簡単にトップページをデザインすることができる。

「Sydney」の特徴はトップでまず全面写真を表示させる仕様。ビジネスサイトではあまり見かけないが洒落ている。
勿論、ヘッダーエリアにプラグイン「Crelly Slider」などを用いてオリジナルサイズのスライドを指定することも、固定のイメージを表示させることもできる。
当サイトでは、トップに表示させる文字を非表示させてあるが、タイトルとリードを流すこともできるし、スライドアニメーションの速度など割と細かい部分までWordpressの「カスタマイズ」機能で指定することができる。

ダッシュボードの管理画面でもトップページのデザイン要素を編集できるようになっている。
管理画面に現れるテーマ独自の項目は以下の通り。
Service(サービス)、Employees(被雇用者・従業員)、Testimonials(お客様の声)、Client(クライアント)、Project(プロジェクト)、Timeline Eventの6つ。
これらは管理画面で簡単に追加でき、その上で、『Page Builder by SiteOrigin』でウィジェットとしてトップページに追加していく事で、ビジュアルを構築できる。
簡単な項目から機能を紹介。

  Service

読んで字のごとく、サービスを紹介するウィジェット。
テキストアイコンの「fa-icon」をサポートしているのでオプションに「fa-icon」の名称を入力するだけで、自動的に上部にサークルを生成してアイコンを納めてくれる。
当サイトでは、「ABOUT」として使ってみた。「Sydney Pro」のデモサイトでは「OUR SERVICES」の部分。

  Employees

これは、社員やスタッフを写真で紹介する項目。
管理画面で入力できる項目は「氏名」「写真」「役職・職種」「SNSリンク-FB-Twitter-Google-」「外部リング-氏名部分がリンク-」の5つが主なところ。
因みにSNSにURLをうつと自動的にロゴマークを生成してリンクボタンを作る。勿論、SNS以外のURLでもリンクしてくれるがアイコンが…
写真をアップする際の注意点。写真は400px角の正方形にしておく。いくら正方形でも、1200px角の写真をアップしたところ横長の長方形として表示された。
当サイトでは、「PLANTS」として管理中のディッキアの写真を紹介している。
写真は【Featured image】から登録する。因みに当サイトでは役職部分に、属名などを入れてみた。
デフォルトでは3名表示され、追加していくと自動でナビゲーションボタンが追加される。

  Client

これは、顧客や取引先のロゴマークをアップロードすることで簡単に、そこからリンクを貼ることができる。
ただし、リキッドさせるとロゴは小さく表示され改行はされない。もう少しテストしてみて、改めてメモしようと思う。
当サイトでは「RESPECT SITE」として、素晴らしい趣味家の皆様が運営するブログをリンクしている。
リンク先のBlogは、色々と参考になる情報が詰まってる。
是非、一読いただきたい。

  Project

これは取り組みや実績をポートフォリオ形式で表示させる項目。
写真は【Featured image】で登録する。タイトルは、写真の上にカーソルが来ると表示される。基本的に、タイトルを決め、カテゴリーを選択し、写真をアップしするのみ。
もし、その写真から特定の記事に飛ばしたいのであれば、投稿ページの下部にある【Project link】にURLを入力すればよい。
カテゴリーごとにソートさせるボタンをつけたいのであれば、固定ページのウィジェットの編集で行う。カテゴリスラッグを入力するだけ。
とても簡単。
因みに、ウィジェットでは「ポートフォリオ」として表示されている。要するに写真を並べて実績を見せるために考案されたのだと思う。
当サイトでは「Gallery」として使ってみた。写真点数が少ないと寂しい…

  Testimonials

ビジネスサイトでは「お客様の声」などで活用できる項目。
基本的に、「お客様の声」を紹介するウィジェットなので、発信者の声と写真、あとは指名や所属する組織などを表示させる項目が入力可能。
デザイン面は固定ページの編集側で行う。文字の色や背景色、リンクボタンの設置などが固定ページ編集で行える。
当サイトは「MY CONSIDERATION」として、ブログへの誘導を計る項目としてトップページに配置した。
考え方や、タイトルの表現の仕方でどうにでも出来そう。

  Timeline

これはかなり「おまけ」的なウィジェット。
当サイトでも「Timeline」として表示させてみた。
まあ可愛いけれどね。ここでも「FA-icon」が使える。
入力できるのは、タイトル、日付、記事、アイコン、アイコンの色、である。